福祉関係の法律改正

福祉の法律は改正する場合も

福祉関係の法律は改正に注意

福祉については多くの方が何らかの形でかかわる可能性がある部分もあるため、特に興味を持たれることが多い分野です。当然法律で定められている部分も多いため、こうしたところから学んでいくことが多いのですが、一つ注意しておきたいのが頻繁に改正があるという事です。日本の福祉制度はまだまだこれからであるため、細かい部分で変更が生じてきます。古い書籍などで学習していると、全く違う知識を身に付けてしまう事にもなります。この分野について法律を学ぼうとするのであれば、できるだけ最新の教材を利用し、改正に対応していくことを意識していきましょう。

福祉系の国家資格で必要な法知識

福祉系の国家資格で必要となる知識にはその資格に関するもの法律である資格法と生活保護法をはじめとする福祉六法です。そのほか、介護保険法、障害者自立支援法といったものも必要な法律です。各国家試験では個々の法に関する問題のほか、ケースワークとよばれる問題が出題されます。マークシート式の問題ですが、ケースの対象になっている方の背景、医療的な知識や技術的な知識もさることながら、法によって、何が助けられるのか、どうすべきなのかといったところも問われます。単純な法の理解以外に必要となる仕事での関わりも理解しておかなければなりません。

↑PAGE TOP

Copyright © 福祉の法律は改正する場合も All rights reserved