スウェーデン福祉法律

スウェーデン福祉法律を学ぶ

スウェーデンの福祉の法律

スウェーデンの福祉に関する法律を学ぶと勉強になる、話しのネタになるというメリットがあります。欧州でも福祉については進んでいるので、学ぶことで良い勉強になります。また、熱心に学習をすると、法律に詳しくなることから他の人に話すネタになります。話しかけた相手は、すごいと思ってくれるかもしれないです。デメリットは、スウェーデンで使われている言語を学ぶ必要があることです。日本語で翻訳をしていることもありますが、難しい部分は自力で研究をして読み進める必要があります。どうしても学習する必要がある時は、外国の言葉に精通している人に協力してもらうといいです。

福祉と切り離せない法

福祉を考えるうえで法律というものは切り離せないものです。確かに支援をしていく中で温かい心や手助けというものは必要です。単なる助け合いの心だけでは解決できない問題が多く起こってきます。支援をしていく中で判断力などが弱くなっている人の権利を守るために必要な規定があったり、支援をすることを義務付ける規定があったりと、福祉の業務に欠かせないものとなっているのです。こうした法律と縁がないように思われがちですが、実は深い関係があります。まだまだ未整備の部分も多いので、早めに整備してもらえるよう期待したいところです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉の法律は改正する場合も All rights reserved