福祉用具貸与と法律

福祉用具貸与の法律について

福祉用具貸与は法律で介護に

介護保険法という法律では、要支援者や要介護者が日常生活上の便宜を図ったり機能訓練を行ったりして、自立的な生活を送ることを助ける用具を福祉用具と呼びます。福祉用具の貸与は訪問介護などと同じく自宅で利用する居宅サービスに位置づけられており、認定を受ければ介護保険を利用することができます。貸与を受ける際に保険を利用できる用具として法律で認められているのは、車椅子やその付属品、歩行器や歩行補助杖などの日常の行動を助けるものや、介護用ベッドや床ずれ防止器具、体位変換器といった寝たきりの人の介護を行いやすくするもの、認知症の人の迷子防止用の徘徊感知機器などがあります。

福祉でも法の知識が必要

福祉の仕事をする上でもある程度法律の知識が必要になります。精神保健福祉士は国家資格に関する詳しい規定を示している法律を知っておく必要があります。その他でも障害者に関する支援をしている場合には障害者の日常生活及び社会生活を支援する法があり、様々な障害者に対するサービスを細かく規定しています。こちらが規定している決まりは、かなり細かく知っておく必要があります。その他にも様々な決まりがあり、精神病院の入院に関する規定が細かく規定されており、こちらで働く場合には全てを知っておく事が大切なことになります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉の法律は改正する場合も All rights reserved